All people be peaceful

角島への旅
角島の旅

山口県下関市にあります角島へのぐる〜っと山口紅葉観光♪


角島の旅

まずは、「龍蔵寺」

角島の旅

高さ45m、樹齢約900年の
イチョウが素晴らしい。

今年採れた銀杏を購入。
帰って焼いて食べよう♪




角島の旅角島の旅
左・・紅葉がバックで、結構怒ってる感じがでてますね〜
右・・あくしゅ地蔵 握手してもらいました。
    (握手することで、人と人のつながりを大切にの心を)
他にもぐち聞き地蔵もあって、そこではおぼさんが結構愚痴ってた・・・
    (思いっきり愚痴ることで晴れ晴れと笑顔になれるなら、
     誤解のないように聞きまする)

角島の旅
とても綺麗でうっとり・・・



角島の旅
続きましては、日本最大カルスト台地 秋吉台。
ほうほう、これが草紅葉ね。

角島の旅

おぼさんは、
こっちばかり見てる!

角島の旅

海鮮ど〜ん


角島の旅角島の旅
続きましては、「南原寺」

鳴る地蔵さんの頭をさすった手で自分の患部をさすると、
病気が治ると伝えられているらしい。
おぼ「顔をさすっとけよぉ〜」 
やっぱね・・・これ以上ブスが酷くなりませんように・・・
顔がゆがむほど強くさすりました・・・


角島の旅

角島〜
エメラルドグリーンの海が綺麗過ぎるぅ
いいとこだねぇ
いつかバイクで来てみたい。
やっぱ、近くまでバイクは運びたい・・・
だって、遠いだでぇ〜

角島の旅


 
| mpuppy | 【旅】のたぐい | 23:28 | - | - | -
天橋立
天橋立

おぼさん修業中のラスト旅行は「天橋立」
名古屋からですが結構な距離だったですねぇ〜

それでは股覗きしてみましょう♪

天橋立
おぼさん、どうですか?
なんだかよくわからなかったようですね〜
覗くとこんな感じです。

天橋立
天橋立
開運の「かわらけ」投げ
3枚200円でかわらけ買って、投げてあの輪の中をくぐらすことができると開運が!
おそらく5000円分ぐらい買わないと無理っぽい・・・

天橋立天橋立
天橋立天橋立
天橋立
天橋立

実家の近くに神社があって、そこにある狛犬に乗って遊んでたのを
思い出した。 やっぱり、みなさんも乗ったことあるよね?
え? 
ない?
ま、乗ってると怒られた記憶もありますが・・・


| mpuppy | 【旅】のたぐい | 22:38 | - | - | -
Mt.FUJI ダイジェスト



日々の生活を送りながら、この日の為にいろいろ準備をして、
同じ日に同じ場所に向かい同じ景色を見てる・・・



ビデオのBGMを選ぶ時、何かしら少しは関係ありそうなのを
選んでいますが、今回は最近のMegの応援ソングにしました。

「同じ空の下」



| mpuppy | 【旅】のたぐい | 21:46 | - | - | -
Mt.FUJI 2013

富士山





富士山登山!















昨年10月頃、「来年、富士山登る!」っと決意する。
登ったことのあるお友達にどんなものかお尋ねしたが、
「Megちゃんには無理だと思う」っと言われてしまう・・・
確かに体力がまったくないんだよね〜 なんとかせねば!
今年2月頃、トレーニングを開始する。
週2、3回 イケメントレーナーさんに教えてもらいながら少しづつ体力UP〜

7/12(金) 名古屋からツアーにて富士山へ出発♪

15時、五合目 富士スバルラインに到着  気温18℃ 標高2300m 
16時、専任ガイドさん2人と一緒に吉田ルートから登山開始〜 
2人とも初めての登山が富士山と言うことで不安&緊張しながらも、
気分はまるで遠足♪

富士山富士山
富士山
 

あっと言う間に六合目到着。  標高2390m
五合目からは平坦&下りもありで真横に進んで来た感じ。
ここからが本格的な登山っぽい。
ジグザグの砂利道(溶岩)を永遠と登って行く。
いつまでたっても七合目に 着 か な い ・・・


富士山

七合目到着。  標高2700m
結構疲れた・・・ 頂上まで260分みたいな看板見て愕然とする
呼吸が乱れてきているMegを心配してくれたガイドさんが、
初心者に易しい先頭へと誘導してくれる。
確かに後ろとは違い安定したペースで登れて楽だった。
七合目から岩を登って行きます。 風が強くかなり危険を感じました。
だんだんと暗くなってきて寒さも加わりさらに危険度が増してきた。
ほんで、いつまでたっても八合目に 着 か な い ・・・

21時、やっと八合目の本日休憩場所である山小屋「白雲荘」に到着。標高3200m
あまりにも疲れて写真を撮る元気もありませんでした。
この時すでに軽く高山病になってしまっていたのです
やばいな・・・

富士山
晩御飯はハンバーグカレー。
おぼさんは美味しそうに食べてましたが、Megは残念ながら食べれず。
0時まで仮眠。
1人1畳ぐらいで立つことも出来ない狭〜いとこで寝ます。
おぼさん、横になるとすぐイビキ開始。となりの女性のイビキも加わり、
これまた残念ながら寝れなかったよぉ〜
0時頃起床したらすぐ準備し点呼。
ここで、リタイヤするかどうかの意思確認。
数名のリタイヤが出る中、どうしようか悩んだ。おぼさんも無理するなと言う。
イヤ! 頑張るもん!
行く人の中で現時点調子が悪い人がMegともう一人女性がいました。
ガイドさんも把握し出発です。
深呼吸を何度も何度もし複式呼吸で登る。たくさん酸素を入れると楽になる。

ほんで、いつまでたっても 八 合 目 ・・・

途中、調子が悪いと言っていたあの女性が意識不明な感じで倒れていた!
ガイドさんと彼氏さんが対応。
もう少し先へ行くと3人組の1人の女性が吐いてうずくまっていた
さらにカップルの男性の方が途中リタイヤ
みんな八合目の山小屋まで降りられますように・・・

やっと、九合目に到着。 標高3600m
おぼさん足が上がらなくなってきてるぅ〜
Megは何故か高山病が治ってきてるぅ〜

頂上でご来光を見ようとする人で渋滞がおこっています。
でも、この九合目から頂上までの岩登りはかなりキツイので、
渋滞でゆっくり休みながら登れてちょうどよかったように思う。
空を見れば無数の星がいっぱい!
下を見ればヘッドライトが数珠をなしててキレイ!
すぐ後ろにいるおぼさんに
 「もう少しだから頑張ろうね!」っと声をかける。
でも返事がないので振り向くと知らない人だった
 
 「人違いかと思いますが、頑張ります!」って・・・
この辺りからおぼさんと少し距離ができる。

あと少し!
先に頂上へ着いてる人から「頑張れ〜 頑張れ〜」って声がかかる。
最後の鳥居をくぐりラストの階段で涙があふれてくる。
登りきったとこでおぼさんを待ち、おぼさんも無事登頂し
2人して感極まってしまった。

登頂。 標高3700m 気温0℃

下界との気温差33℃って・・・すごいね。
ご来光まで温かい飲み物を飲んだりしてくつろぎました。
この時点で高山病はすっかり治りました。
平日って言うこともあり、頂上はそんなに混雑していなかったです。
トイレだけ混んでたかな〜


富士山

右側に山中湖、左側に河口湖

富士山
富士山
富士山
富士山

富士山

火口を一周するお鉢巡りは強風の為中止でした。

それでは下山しましょう

吉田ルートは登りと下りは別でして、下りはブルドーザーが通る道を
下ります。
九合目まではツアーのみんなと一緒に降りて、あとは五合目までフリーです。
最初は調子に乗り走るように降りていたけど、疲れてきた・・・
ジグザクの道を永遠に下る。
永遠に・・・
どれだけ下っても終わりは見えない。
もう足が痛い! っと言ったところでどうにもならず、
ただひたすら下る。
やっとの思いで七合目まで降りるが、まだ半分だった・・・
辛い。
六合目まで降りるとホットしたが、今度はひたすら横に進む。
長い!
フラフラ状態で五合目スバルラインに到着。
下りは登りの何倍も苦しかった・・・

富士山

でもこの風景を思い出すとまたいつか登りたいと思う。


| mpuppy | 【旅】のたぐい | 21:49 | - | - | -
立山黒部アルペンルートと黒部峡谷トロッコ列車の旅
黒部ダム

扇沢から関電トンネルトロリーバスに乗って黒部ダムへ。
バスが1台ギリギリ通れるぐらいの狭いトンネルの中を16分走ります。
しっかし、よ〜掘ってるねぇ〜

黒部ダム

黒部ダム到着♪  
今年はくろよん50周年なんだって。
着工から7年の歳月と延べ約1000万人の作業員の手により完成した黒部ダムですが、170人もの工事犠牲者が出てます。
本当はもっともっと多くて、殺人とか・・・
そんな多くの人々はコンクリートに埋められ、人柱となっているらしいです・・・
たった50年前の話だなんて・・・


黒部ダム
黒部ダム
黒部ダム
黒部ダム
黒部ダム
黒部ダム

次はトンネルの中を黒部ケーブルカーに5分乗り黒部平へ行きます。

黒部ダム
黒部ダム

国立公園なので石ころ、葉っぱさえも持って帰ることは出来ないそうです。

黒部ダム
黒部ダム
立山連峰が美しい

黒部ダム

次は立山ロープウェイに7分乗り大観峰へ。

黒部ダム
ロープウェイから見た黒部ダム湖

黒部ダム次は立山トロリーバスに10分乗り室堂へ。
こんな感じの雪の大谷ウォークのとこです。

ピーク時で20メートルの高さになるようですが、
6/16現在は10メートルぐらいです。




黒部ダム
黒部ダム

雪の上を滑りながら奥へと進むと、この時期しか見れない
みくりが池を見ることが出来ました。

黒部ダム

ちょっと解りにくいですが、特別天然記念物に指定されてる「雷鳥-らいちょう-」です。
奇跡的に撮れた1枚。


黒部ダム

次は高原バスに50分乗り美女平へ。
この50分はほとんど記憶がない・・・

黒部ダム放水開始は6/26〜
雪の大谷ウォークは6/10まで

6/16に行った私達はいったい・・・

観光客が少なかったことで待つこともなく、イライラもなく、
気分はとてもよかったですね。

5時間かけて立山黒部アルペンルートを駆け抜けました。
楽しい旅だったぁ

| mpuppy | 【旅】のたぐい | 20:36 | - | - | -
立山黒部アルペンルートと黒部峡谷トロッコ列車の旅
黒部トロッコ

黒部峡谷トロッコ電車に乗りました。
小雨が降り、ちょっと寒いです。

黒部トロッコ
黒部トロッコ

宇奈月駅から出発で〜す。

黒部トロッコ
黒部トロッコ
黒部トロッコ

お猿さん専用吊り橋。

黒部トロッコ
黒部トロッコ
黒部トロッコ
黒部トロッコ
黒部トロッコ

トンネルの中は真冬並み・・・寒いのなんのって・・・

黒部トロッコ
黒部トロッコ

万年雪です。

帰りは寒いのでOPEN電車をリラックス車に変更する。
寒くなくって快適〜
2人ともウトウトしてしまう。
しまった!リラックスし過ぎた・・・


黒部峡谷トロッコ列車

恐ろしい・・・
まだ幾つか残されているらしいよ。

本日の宿があります白馬へ。

黒部トロッコ
黒部トロッコ


| mpuppy | 【旅】のたぐい | 21:41 | - | - | -
母の日ぷれぜんつ
ばばあとくそばばあが名古屋に攻め込んできた。こっちに赴任する時にくそばばあに言った一回は遊びに呼ぶという言葉を忘れずにいたようです。名古屋と言えばひつまぶしでしょ!とひつまぶし弁当を用意しようと聞くと鰻は苦手のようでいきなり出鼻をくじかれる。
飛騨高山1飛騨高山2
名古屋駅から『特急ひだ』で高山まで移動。この密室ともいえる空間でこいつらふたりと約2時間、わしはよく頑張った。
飛騨高山3飛騨高山10
高山駅からレンタカーで合掌造りの白川郷にふたりを移送した。くそばばあのほうは初めてくる場所で世界遺産を目の前にして感動していたな。夕方は高山の古い町並みを散策して、夕食は飛騨といえば飛騨牛でしょ!と一応お伺いをたてると『わたしは肉は食べません』と一蹴されたがオカマイなしに飛騨牛専門店に。
琢磨

飛騨高山6
くそばばあをホテルに送り、巻く様にして夜の街におでかけしました。”いいね”ボタンがあるのであれば連打でクリックしたくなるような昭和の臭いが漂うイイ街でした。
次の日は名古屋に移動して定番中の定番!名古屋城に行ってきました。
飛騨高山7
しかし疲れた。ばばあもくそばばあの相手に疲れた。くそばばあもお疲れさまでした。



| mpuppy | 【旅】のたぐい | 19:59 | - | - | -
ドクターイエロー再び
ドクターイエロー2013 
名古屋駅の新幹線ホームでまたもやドクターイエロー停車
こう言う時は一人でも行動派になります。
ドクターイエローバックに自分を写そうと頑張る。が、
振り向くと列車ははるか遠くに行ってた・・・
写っていたのは不細工な自分だけだった。

以前と同じシチュエーションなので、もしかしたら大阪でまた見れるかも・・・


ドクターイエロー2013

いました!!




| mpuppy | 【旅】のたぐい | 20:31 | - | - | -
覚王山
覚王山
覚王山

久しぶりに名古屋市内にあります覚王山へ遊びに行って来ました。


覚王山

レトロだねぇ〜


覚王山

覚王山 日泰寺  お参りしてみました。



バイク屋

 
| mpuppy | 【旅】のたぐい | 23:39 | - | - | -
半田ぶらり旅
雑貨

半田市の雑貨めぐりしてみる。
どこも可愛らしいものがいっぱいあったよ。


半田カフェ 

味噌蔵がカフェになった日本茶カフェ『入口屋』へ行ってみました。

半田カフェ半田カフェ

おいち♪


| mpuppy | 【旅】のたぐい | 20:17 | - | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ